「仕事で手袋をしなければならず、そのたびに手が荒れる。仕事を変えなければ治らないのかも。」

という声をよく聞きます。

塗り薬による一般的な治療を受けていても仕事の度に手荒れが繰り返されるので大変です。

手袋をして生じる手湿疹の原因としては、

①パウダー付き手袋の“パウダー”によって、手の角質が傷つき、バリア機能が低下するため、洗剤などさまざまな刺激物やアレルゲンに接触して荒れやすくなる。

②天然ゴム素材の手袋の成分であるラテックス蛋白にかぶれてしまう(接触アレルギー)。

が代表的で、パウダーフリーかつ、ラテックスフリーの「ニトリル」手袋を使用することによってかなりクリアできます。

ただし、ニトリル手袋を使用していても皮膚炎が起こるばあい、使用しているニトリル手袋のパッチテストを行います。

そこでバッチリ「陽性」となり、ニトリル手袋に“接触アレルギーあり”との結果になれば、ゴムの硬化剤フリーの手袋を使用してもらうことで解決する場合があります。

つまりニトリルゴムの「硬化剤」のアレルギーが結構あるのです。

かぶれにくい手袋のサンプルを差し上げていますのでお気軽に相談ください。